• ビジネスを最適化するネットワーキングモデルに移行する時期です

    統一されたSD-WANエッジプラットフォームであるUnity EdgeConnectを使用してアプリケーションを解放し、クラウドの真の変革を実現してください。

SD-WANエッジの概要

今日のSD-WANエッジオプションは妥協を求める

  • オプション1

    ルーター中心
    モデル

    ビジネスはネットワークの制約に従う必要がある。

    • デバイスから始めるボトムアップのアプローチ
    • クラウド時代向けに構築されていない
    • 手作業で、提供および変更サイクルに時間がかかる
  • より良い方法

    ビジネスを最適化する
    ネットワーキングモデル

    ビジネスがアプリケーションを解放し、クラウドの完全な変革を実現します。

  • オプション2

    基本SD-WAN
    モデル

    は真に必要とするものが得られない。

    • 完全なオーケストレーションやライフサイクルの自動化が欠けている
    • 自動化されたテンプレートに限定
    • 暗号化されたVPNオーバーレイ、エンドツーエンドのセグメンテーションが欠けている

当社の統一されたSD-WANエッジプラットフォームの強み

  • ビジネス主導SD-WANエッジ
  • ビジネス主導SD-WANエッジ

    ビジネス優先度が常にネットワークの動作に反映され、ビジネス目的がアプリケーションとネットワークリソースを主導する

  • 最高品質の体験を提供
  • 最高品質の体験を提供

    エンドユーザーは、常に一貫し、常に使用できるアプリケーションのパフォーマンスを享受し、高可用性と回復力によって、IT部門は夜間と週末に休むことができる

  • 継続的な適応
  • 継続的な適応

    自動化と機械学習の進歩を取り入れて、日々進化するSelf-Driving WANを推進

  • 単一の統一されたプラットフォーム
  • 単一の統一されたプラットフォーム

    SD-WAN、ファイアウォール、セグメンテーション、ルーティング、WANの最適化、アプリケーションの可視化、および制御を統一するために最初から設計

Silver Peakがリーダー・ソリューションとして評価される

WANエッジ・インフラストラクチャに関する2018年ガートナー・マジック・クアドラント

EdgeConnect:統一されたSD-WANエッジプラットフォーム

今日のマルチクラウド時代向けに設計

Software Defined WANから Self-Driving WANへ

Silver Peakは自動WANを動かすソフトウェアプラットフォームを提供します。ITリーダーはビジネスに必要な要件をネットワークに指示し、自動化と機械学習を使用して運用するだけです。

EdgeConnectを使用する未来志向の企業

  • 当社は、ネットワークとアプリケーションのパフォーマンスを15パーセント向上し、接続コストを140万ドル以上削減しようとしています。

    David Craig、ネットワーク管理者
  • 現時点で(3年間)約3万ドルを削減し、削減はさらに加速しています。パフォーマンスは劇的に向上しています。

    Greg Taylor、ITインフラ管理者