Unity Boost

アプリケーションのパフォーマンスを高速化するためのオプションのWANの最適化パフォーマンスパック

Unity Boostは、Unity EdgeConnect用のオプションのパフォーマンスパックです。ブランチオフィスにSD-WANまたはハイブリッドWANを導入する場合やディザスタリカバリのための遠距離レプリケーションデータの高速化が必要な場合など、特定のアプリケーションに高いパフォーマンスが必要になることがあります。お客様は、ボタンを1回クリックするだけでUnity Boostに登録して、必要に応じてアプリケーションのパフォーマンスを追加できます。Unity Boostの主な特長は、以下のとおりです。
  • レイテンシーの軽減:TCPおよびその他のプロトコルアクセラレーション技術は、アプリケーションのパフォーマンスに対するレイテンシーの影響を最小限に抑え、WAN全体でアプリケーションの応答時間を大幅に向上します。
  • データ削減:WANの圧縮と重複排除をすべてのトラフィックに適用して、重複データの繰り返しの送信をなくします。Silver Peakソフトウェアは、WANのトラフィックをバイトレベルで検査して、結果をローカルのデータストアに保存します。高度な比較技術で、重複データを認識できます。データ削減は、TCPとUDPを含むIPベースのすべてのプロトコルに適用できます。

Unity Boostを追加する理由

Silver Peak Unity EdgeConnectアプライアンスのみでも、リアルタイムのトラフィックを複数のWANリンクに誘導する動的なパス制御(DPC)、インターネット接続でよく発生するパケットの損失と順序不正の悪影響を克服するためのパスコンディショニングなどの機能を活用して、SD-WANまたはハイブリッドWANの導入向けに高度なアプリケーションのパフォーマンスを提供できます。(Unity EdgeConnectデータシートも参照)。

ただし、特定のアプリケーションや場所により良いパフォーマンスが必要になることがあります。拠点間でWANを経由する距離が長くなるにつれて、アプリケーションのパフォーマンスは低下します。これは帯域幅というより、データパケットを長い距離送受信するためにかかる時間やデータを再送する回数が原因になります。Unity Boostは、Silver Peakの業界をリードするアプリケーション高速化機能を活用して高いパフォーマンスのSD-WANを提供します。

導入事例

  • 数千キロ離れたディザスタリカバリ(DR)サイトにデータをレプリケートするお客様は、目標復旧ポイント(RPO)を守れるようにUnity Boostを利用することができます。
  • 地方にあるリモートサイトまたは会社のデータセンターから非常に離れたサイトを使用する企業は、Unity Boostを追加して高いレイテンシーの影響を克服することもできます。
Unity Boostを使用すると、お客様は必要なときに必要な場所で高度なWANの最適化機能を柔軟に有効化できます。Unity Boostは、1秒、1メガビット、1か月単位でライセンスされるため、ネットワーク全体のWANの最適化に対して支払う必要はありません。
  • このデータシートは、Unity EdgeConnectの実装環境で導入できるオプションのパフォーマンスパックのUnity Boostの機能について説明します。
  • このデータシートでは、Silver Peak Unity EdgeConnectの特長と機能に焦点を合わせます。
  • SD-WANを迅速に導入するにはSilver Peak Unity EdgeConnectを活用すると、ブランチをたった数分で、ブロードバンド、MPLS、またはこの2つを組み合わせた環境に接続できます。
  • Unity Orchestratorはビジネス目的に沿ったポリシーを一元的に設定することで、Silver Peak Unity EdgeConnectによるソフトウェア定義型のワイドエリアネットワーク(SD-WAN)のあらゆるトラフィックをセキュア化し制御するユニークな機能を提供します。直感的なユーザーインターフェースがデータセンターのアプリケーションとクラウドベースのアプリケーションの両方を大幅に可視化します。